日曜競馬 展望

[ジャパンカップ(G1)]


何とまあ、日本馬の手薄なことよ。こんなのちょっと記憶にないくらいね。
1着賞金4億円、例え5着になっても4千万円は、そんなに魅力ないのかな。
天皇賞(秋)が豪華メンバーだっただけに、その落差は嫌でも感じますね。
その中でも、ドバイ・シーマクラシックを勝っている◎シャフリヤールが
ジャパンカップを勝つと、2百万ドル(約2億8戦万円)のボーナスがJRA
から支給されます。天皇賞(秋)が、外国帰りで調整の難しさと距離適性で
不本意な結果でしたが、敗因は分かるだけに今回が勝負でしょう。
藤原英昭調教師は、狙い定めたレースを確実に取りに来る調教師ですので、
本賞金にボーナスにステークスマネー諸々約7億円を狙い定めているハズですね。
天下のサンデーレーシングノーザンファームとて、魅力的な金額です。


相手は外国馬の4頭を狙いたいですね。特に凱旋門賞で58キロを背負っての
5着は立派でしょう。陣営も凱旋門賞を走る前から、ジャパンカップへの出走を
表明してましたよね。テュネスも軽い府中の馬場は不向きのように思えますが、
2005年のアルカセットの例がありますから。確かアルカセットは、二千四百
の持ち時計が2分30秒台だったかな。当時は当然無印。が、そのアルカセット
コースレコードで勝ってしまいました。思い出すなぁ。


日本馬では、勢いのヴェラアズール、気分一新、兎に角、追って追って追える
マーカント騎手に乗り替わってデアリングタクト、直線ジリジリでも早めの
スパートならテーオーロイヤル、ダービーを見る限り二千四百は長いようでも
3歳代表のダノンベルーガ、そして天皇賞(秋)は枠順不利に外々を回らざる
を得なかったユーバーレーベンを、当日はもう少し絞るかもしれませんが、手広く
狙っていきたいですね。



[京阪杯(G3)]


テイエムスパーダには、今村騎手が似合います。驚愕の1.05.8の時計を
叩き出した後は、イマイチ冴えませんが、それは今村騎手じゃないからもあると
思いますね。今週の最終追いに今村騎手が乗りましたが、時計も相性もいいもの
でしたからね。極軽の夏の小倉ではなく、タフな芝と直線に坂がありますが、
本物のスプリンターになるためには、避けては通れない道です。


相手は、阪神好相性のスマートクラージュ、エイティーンガール、サンライズ
オネストに若武者トウシンマカオ
穴っぽいところおでは、千二でも好枠を生かしてビリーバー、駆けっこの時計比べ
ならファストフォース、中山での好走歴がモノを言えばマリアズハート、番手の
競馬で先行出来ればビアンフェ。

土曜競馬 展望

[京都2歳ステークス(G3)]


この来日では、少し精彩を欠いているようにも見受けられますが、そこは世界の
名ジョッキーであるライアン・ムーア騎手が手綱を取る◎コスモサガルマータ。
前走は人気こそありませんでしたが、直線一気の33.1の末脚は光りました。
どうせスローペースはミエミエですね。最後の直線勝負でしょう。それに3戦2勝
というローテーションにも好感が持てます。
相手には、末脚魅力のシュタールヴィント、グランヴィノス、アイルシャインに
ロードプレイヤー。
穴としては、唯一のOP(L)勝ちのあるトップナイフに、その2着だったナイト
キャッスル、前走の時計がこの中では優秀なグリューネグリーン。



[キャピタルステークス(L)]


明日が終われば、来年の1月28日まで東京開催とは暫しのお別れになります。
だからと言ってか、集まりも集まってフルゲート18頭立てです。
勝利には、もうあと一押し、あと一歩が足りない馬たちの競争になりました。
正直申し上げて、こんなレース、予想に5時間かけても分かりませんよね、はい。
本命は◎東京の千六~千八がベストと思えるダーリントンホール。
共同通信杯勝馬であり、同期はコントレイルという強い世代ですね。
ダミアン・レーン騎手が上手くエスコートしてくれれば、馬券圏内の有力候補。
ラクリスティーヌは、スワンステークスで穴を開けましたが、それは阪神
内回り千四でのお話。スワンステークスは別定G2でマイルチャンピオンシップ
トライアルレースですが、既にその座を富士ステークス毎日王冠に譲った
感じがしますね。今年のマイルチャンピオンシップの1~5着までの掲示板に載った
馬には、スワンステークス組はいませんでした。スワンステークスノレースレベル
に「?」でしょうか。抑えまで。
本線はグラティアスコマンドラインにキングエルメスにララクリスティーヌ。
穴には、左回り好者のレイモンドバローズにソリタリオ,。一発があればのココロ
ノトウダイにノルカソルカ。

日曜競馬 展望

[マイルチャンピオンシップ(G1)]


今現在の阪神競馬場の天気予報ですが、ウェザーニュースによると、深夜から朝9時
くらいまで時間1mm程度の降雨があり、競馬開催中は降らない模様です。
まぁ、恐らく良馬場、少なくてもメインの頃には回復しそうですね。
良馬場なら◎サリオスで決まりでしょう。毎日王冠の強かったこと。直線中団より
後方に構えて、一旦はジャスティンカフェらに抜かれるも、馬群を割って伸びてきて
ゴール前で見事に差し返しました。レコードのおまけつきです、強いの一言ですね。
名手ライアン・ムーア騎手の鞭に、応えてくれると信じます。
朝日杯フューチュリティステークスでのコンビが再現することになります。
シュネルマイスターは、G1を勝ち切るには何かが足りません。軸には最適ですけどね。
ソダシは確かに芝マイル戦は4戦4勝、うちG1・3勝です。が、全て牝馬限定戦です。
恐らくホウオウアマゾンが逃げて、ベステンダンクが続き、そしてソダシも先行する
展開を考えると、恰好の目標・標的になりかねませんね。
ここまで人気を落とすなら、ダノンザキッドに食指が伸びますかね。
毎日王冠組と富士ステークス組が、馬券の中心になります。余り穴は狙いにくいかな。



[霜月ステークス(OP)]


まあ、ここまでレベルが下がったオープン特別なら、ドライスタウトの中心は、動き
ようがないでしょう。オキザリス賞と全日本2歳優駿の強さが光ります。
前走は、園田の1780mで不利な大外枠で、(滑って)出遅れたのが全てでしょう。
休養明けといえども、このメンバーが相手なら、最有力の馬に違いはありません。
ケイアイターコイズとメイショウテンスイのハナ争いで幕を切りますが、何が何でも
ハナという馬はいないので、恐らくケーアイターコイズが平均ペースに落として淡々と
進んでいくことが推察されます。
今の府中は差しも利きますが、先行するケイアイターコイズとメイショウテンスイ、
差してくるナンヨーアイボリーにニュートンテソーロ、そして内枠の3頭を穴で一考
ですね。

土曜競馬 展望

[東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)]


秋の2歳牡馬重賞戦線の中でも、ある意味では来年のクラシック戦線において
朝日杯FSよりも重要視されるのがこの東スポ杯。
昨年の勝馬は、クラシックこそ届かなかったものの、3歳で天皇賞(秋)を制した
イクイノックスでしたね。過去の勝馬には、そうそうたる馬が名を連ねます。
ダービーと同じ東京競馬場の千八を舞台に、2歳の精鋭、素質馬が凌ぎを削ります。
今年も能力のある馬達が出走してきました。
人気は新馬戦を8馬身差の圧勝劇を演じた、ハーツコンチェルトでしょう。
末脚の33.9も立派なものです。が、ハーツコンチェルトを除く10頭のうち
既に勝ち上がっているのは4着だった馬だけです。まぁ、勝ち時計はマズマズながら
メンバーの質を少し疑ってもいいのかしらね。
本命は、既に府中千八を経験済みで、未勝利戦が鮮やかだった◎ダノンザタイガー。
まだ1戦しかしていない馬と、既に2戦を消化している馬との差は経験値として
考えてもいいでしょう。「ダノン」の主戦騎手である川田騎手も、力が入りますね。
ガストリック、フェイト、ハーツコンチェルトにタイセイクラージュが当面の相手
でしょう。それ以外では、不思議と人気がありませんが、府中千八を6馬身差で勝って
いるシルトホルン、新馬戦の荒れた閉幕週の新潟芝で、末脚鋭く勝ったテンカノギジン。



[みちのくステークス(3勝クラス)]


定量戦なれど、激戦必至のみちのくステークス。もう、どこからでも入れそうですね。
当然、迷いましたが本命は◎クリノマジン。
千二に路線を変えた後には、未勝利戦⇒1勝クラス⇒2勝クラスと3連勝を飾りました。
昇級戦になったテレQ杯は少し不運な面と斤量を課されたものですね。前走は得意では
ない左回りで後手に回ったもの。この馬、右回りでは3戦3連対ですし、福島での勝ちの
鞍があり、持ち時計は1番ですね。
相手は絞れば内から、テイエムトッキュウ、ブルースピリット、ダークペイジ、セシリア
にスンリでしょう。
あと、人気はないでしょうが、スイートクラウンは4走前が秀逸の2着で、近走も着順
ほどは負けていません。買っておきたい馬の1頭です。

日曜競馬 展望

[エリザベス女王杯(G1)]


ウェザーニュースのピンポイント天気予報では、朝から雨が降り出して昼頃に
一時的に強く降る、ということですね。まぁ、馬場が渋っても稍重くらいでしょうか。
同日に施行されるハンデ戦福島記念が荒れそうで実はそう荒れない、逆に定量戦の
G1エリザベス女王杯は昨年の例を除いても、荒れる傾向にありますね。


本命はジャパンカップにも登録がある、アイルランドオークス馬◎マジカルラグーン
にしました。愛オークス馬というと、当レースを連覇したスノーファアリーがいます。
この馬が愛英の競馬で背負ってきた斤量ですが、新聞から転記をしますと
58キロ⇒57キロ⇒59.5キロ⇒58キロ⇒58キロ⇒57キロ と、日本では
信じられない斤量を課されてきました。3歳なので今回は54キロ。裸同然でしょう。
馬もパドックで騎手を乗せた時に、戸惑うのではないかと思う程ですね。
フォーリー騎手は良馬場を希望していますが、馬場がソフトになってこその欧州馬で
はないでしょうか。ガリレオ産駒で母はノベリストの妹という重厚な血統。
脚質はスタートが良いので、先行だそうです。ジャパンカップは国際招待レースですが
エリザベス女王杯は自腹での参戦。1億3千万円を狙っています。


相手は、やはり人気になったピンハイ、このレースに験がいい4歳馬からムーア騎手の
アンドヴァラナウトとクリスチャン・デムーロ騎手のジェラルディーナ、3歳勢力から
スタニングローズとナミュール
穴なら、単騎逃げのローザノワール府中牝馬ステークス組のイズジョーノキセキ、
昨年の覇者アカイイト、ウイン勢なら目黒記念が秀逸だったウインキートス。



[福島記念(G3)]


荒れそうでそう荒れないのが福島記念。昔のこの頃の福島競馬場の芝コースは、野芝が
枯れて白っぽい馬場で、ダートコースのようなものでした。今は全国的に洋芝を播種
イタリアンライグラスですが、おかげで1年を通じて芝は青くなりましたね。
レースも12レース中8~9レースが3歳の未勝利戦でしたねぇ。


ここはスタートが安定しないロザムールを尻目に、敢然と逃げる◎ベレヌスを本命視。
逃げ馬にとって、千八よりも二千の方が逃げやすいので、好勝負を期待します。
相手はアラタ、サトノセシル、オニャンコポンにゴールドスミスが人気サイド。
穴っぽいところでは、江田照男騎手のみちのく遠征フォワードアゲン、福島を得意とする
エフェクトオンとヴァンケドミンゴ

土曜競馬 展望

[武蔵野ステークス(G3)]


オープン昇級後、東京千四を2-1/2、4馬身差で後続を寄せ付けずに突き抜けた
◎レモンポップが初重賞でも不動の本命でしょう。
なかなかオープンの千四の距離で、これだけの着差を楽々とつけるのは至難の業です。
他馬とは素質が違います。頭固定でもいいのではないでしょうか。
千六も何も問題はありません。
相手は、府中ならではタガノビューティーとアドマイヤルプス、ダート適性で覚醒した
ギルデットミラー、逃げるバスラットレオン。
穴なら、まだ見限れないサンライズノヴァ、隠れた東京好者に鞍上の腕でデュードバン、
未知の魅力で水口騎手とブラッティーキッド、鞍上の腕を買ってのハヤブサナンデクン。



[デイリー杯2歳ステークス(G2)]


デイリー杯2歳ステークスといえば、忘れられないレースがあります。
もう何時のことだったことやら、シーキングザパールが後の天皇賞メジロブライト
5馬身差で勝ったレースですね。
強い(外)馬が出てきたものだと、思ったものです(遠い目)。


デイリー杯2歳ステークスは、過去56回、一度も関東馬が勝っていません。
そもそも出走数が少ないのもあるのでしょうが、過去10年を振り返っても
馬券圏内に来た馬は、30頭中3頭のみの体たらくですね。
良血ダノンタッチダウンが人気化しそうですが、ここはヘタな和田竜の手綱
捌きをもってしても、直線で突き抜けるハズの◎クルゼイロドスル。
10頭立てで小頭数なのも、この馬にとってはいいですね。
ダノンタッチダウン、ショーモンにシルヴァーデュークが本線でしょう。
穴なら逃げる関東馬の絶好調オールパルフェ、末が安定してきたトーセントラム
千六に戻ってのショウナンアレクサ。人気がないなら、フォーサイドナイン
まで流します。

日曜競馬 展望

[アルゼンチン共和国杯(G2)]


今日の両重賞や天皇賞(秋)を見ると、逃げ・先行組を買いたくなりますが、そこまで
競馬は単純ではないでしょう。
全然違うレースなれど、仮にも天皇賞(春)で真っ向勝負を挑んで3着に頑張った
テーオーロイヤルには、負けて欲しくありませんね。東京二千五百は、直線の坂下から
スタートするために、滅多にハイペースにはなりません。前が有利でしょう。
そして最後の直線ではスピードとスタミナが問われることになります。
テーオーロイヤルにとっては、ダイヤモンドステークスを勝った東京コース。
条件は揃いました。
相手には、東京コース(3501)で距離も合うハーツイストワール、走っても不思議と
人気にはならないユーキャンスマイル、ハンデ手頃なカントル、前走は疲れが抜けない
状態で宝塚記念5着のマイネルファンロン、同コースの目黒記念で僅差だったディアマンミノル
とダンディズム、大穴でコトブキテティスなどは買っておきたいですね。



[みやこステークス(G3)]


JBCクラシックへ何故行かなかったんのか、◎オメガパヒューム。
2着続きの相性を嫌ったのか、ここを叩き台でチャンピオンズカップ東京大賞典
狙うのか、どうなんでしょうか。
左回りが苦手(1勝もない)盛岡JBCクラシックを捨てて来たからには、ここは
必勝で次のG1レースを目標にしていますね。阪神コースは4戦4勝、右回りは
(11・5・2・1)と連対率.842、複勝圏率.947を誇ります。7歳秋でも無理
使いしてこなかっただけに、余り気にしていません。
相手は楽でしょう。力のある中距離馬の一線級は、JBCに回っているからです。
相手は右回り・千八・阪神コースが得意な馬を選びます。
ハギノアレグリアス、ウィリアムバローズ、3歳馬からはハピとタイセイドレフォン。
穴目からは、今日の競馬を見ると逃げ・先行馬を買いたくなるところで、阪神ダート千八
こそがベストのメイショウフンジンとサンライズホープ。ジックリ構えてヒストリーメーカー。
初ダートでどういう競馬をするのか、芝実績でタガノディアマンテ。

土曜競馬 展望

[京王杯2歳ステークス(G2)]


ロンドンプランの人気は分かります。前走の小倉2歳ステークスは、落鉄がありながら
正味、直線だけの競馬(33.1)で、他馬をゴボウ抜きで勝ちましたからね。強い。
が、◎ヤクシマも強い。前走のききょうステークスはレコード決着の0.2秒差の3着。
勝った相手は、同日のファンタジーステークスでも最有力馬となるアロマデローサ。
ロンドンプランの松山騎手は距離延長に何の問題もないとコメントしていますが、
ヤクシマは既に千四を好時計で駆け抜けています。父ハヴァナグレーは5ハロン戦で5勝
しているスプリンターで、母父は英6ハロンG1のジュライカップを勝っているカチカチの
スプリンター血統ですが、中京であの競馬が出来れば、府中でも大丈夫と見ます。
相手には、ベースセッティング、エナジーチャイムにブーケファロスが有力ですが、
ここは穴馬にも注目をします。
中山ダート千二の新馬戦を1:11.3と2勝クラス並みの速さで勝ったマーブルマカロン
着差ほど負けていない既に競馬を知っているミスヨコハマ。同じ舞台で新馬を勝ち、前々で
競馬をして末脚確かで時計を詰められればシェーンプリマー、来週は騎乗停止になるので
ここで燃える岩田康誠騎乗、菊花賞を制した「アスク」冠号のアスクドリームモア。



[ファンタジーステークス(G3)]


関東馬が5頭、直前の輸送競馬を嫌って京王杯2歳Sに回ったので12頭立て。
ここはアロマデローサの1強ではないのかな。
前走の競馬が秀逸でしょう。道中は中団で折り合いに専念して、直線で弾けての
レコード勝利(1:20.4)。他にも素質馬はいますが、この馬が1歩リード。
展開によっては、メイケイエールのレコード更新もあり得ますよね。
相手はマトモならブトンドールとバレリーナ
しかし、人気同士で決まっても面白くないので穴馬も探します。
クリスチャン・デムーロを乗せる藤原英昭厩舎のトゥーテイルズ。
前走はイレ込みによる凡走。落ち着いてゲートインが出来れば、末脚魅力の
ミカッテヨンデイイ。中京よりも時計がかかる阪神でどれだけ、サツマノオンナ。

日曜競馬 展望

[第166回 天皇賞(秋)(G1)]


競馬ファンにとって、待ちに待った、天皇賞(秋)ではないでしょうか。
イキのいい3頭の3歳馬の参戦によって、G1・天皇賞(秋)の厚みが増していますね。
その3歳馬は、数こそ少ないながらも、昨年のエフフォーリアを見るまでもなく、古馬
対等に戦っています。
皐月賞2番人気 ダービー1番人気のダノンベルーガ
皐月賞を制したジオグリフ
皐月賞・ダービーとも18番枠の不利を克服して僅差2着のイクイノックス
しかし気になる点もあります。
ダノンベルーガの本賞金は2400万円と、フルゲートならば天皇賞どころか福島記念
すら出走出来ないでしょう。
ジオグリフの皐月賞は、全てが上手くいった感がしますよね。
イクイノックス(とダノンベルーガ)ですが、過去4戦のみで天皇賞(秋)に挑戦した
馬はいないので、歴戦の古馬の壁がどうかでしょう。
それに平地G1での1番人気16連敗中というのも、勿論、気になります。


本命には◎ジャックドールを推します。パンサラッサが逃げるでしょうが、パンサラッサ
は出が必ずしも早くなく、騎手が手綱を扱いてハナに立つタイプです。
今回は、札幌記念のタメ逃げの失敗を糧に、ある程度早く逃げるでしょう。
ただ、府中二千などにも実績はありますが、本質は千八ベストの馬だとお思います。
因みに秋の天皇賞を逃げ切った馬は、1987年ニッポーテイオー以来いません。
ジャックドールは自分のペースで折り合えば、番手の競馬が出来ることを前走で証明しま
したね。それにこの馬は、大飛びなので先行しても直線で差す脚もあります。
東京二千も得意。白富士ステークスでは1:57.4で逃げ切っています。
今週からBコースになり、内めの馬場の痛みがカバーされた今回は、白富士Sから時計を
ひとつ詰めれば、好勝負間違いないでしょう。


相手は、当然上記3頭の3歳馬にシャフリヤール。この馬も時計勝負は歓迎の口です。
パンサラッサとジャックドールのペースに、未知の試練として3歳馬が崩れることも
考えておきたいですね。
パンサラッサの逃げ粘り、ポタジェの中距離での相手なりに走る堅実性、今なら二千が
似合いそうなカラテ、そして大穴でバビット。バッビトは未勝利戦からラジオNIKKEI賞
セントライト記念まで4連勝の素質馬。1年7か月休養後の前走でも直線まで見せ場を
作りましたね。改めて素質の高さを感じました。問題は同系強力なことですが、この馬も
自分のペースで折り合えば、恐らく折り合えるでしょうが、直線ゴール前でアッと言わせる
場面も考えておきたいですね。

土曜競馬 展望

[アルテミスステークス(G3)]


そりゃ新馬戦での上りが、31.4という数字を見れば、誰しも本命に推したい
ところでしょう。
確かに、これは豪脚とも称してもいい上り時計でしょう。
が、当日は夏の新潟開催の開幕週という、絶好の馬場でのもの。
今週の東京は、AコースからBコースに、内埒沿いの痛みがカバーされますね。
リバティアイランドにとっては、どうせ出負け気味に出て中団後ろからの競馬で
直線では外に出すでしょうから、余り関係ないか。
本命はマラキナイア。アリスヴェリテと共に川田騎手に捨てられた牝馬
デビュー戦の内容がよかったですね。リバティアイランドよりも"競馬”をした
感じですね。時計もマズマズ、お母さんは、スプリンターズステークス安田記念
を制したブラックホークの半妹ですね。まだ1戦1勝馬同士なので何とも言えない
のですが、素質的にはマラキナイアが劣るものではありません。
リバティアイランドの新馬戦は、余りにもスロー過ぎた面があり、競馬が流れた
場合、あのような競馬が出来るのか、勿論、他馬を一蹴することも十分あるでしょう。
是非、相手に加えたいのは、コウセイマリア。
デビュー戦が中山千六の不利な14番枠で、不良馬場の中で、後方からの競馬を強い
られるも、直線では馬群を割って突き進んで勝った競馬は立派の一言。400キロ
という小さな牝馬らしからぬ勝負根性でした。



[スワンステークス(G2)]


過去10年、スワンステークスからマイルチャンピオンシップを制した馬はいません。
直近では2010年のエーシンフォワードが制してますね。
ここは本番であるマイルチャンピオンシップを狙うというよりも、1400mという
スプリント距離がベストで、本番よりもここ勝負という馬を選ぶべきでしょう。
ロータスランドは、千四では京都牝馬ステークス、千二では高松宮記念2着、そして
前走では合わないマイルの安田記念で2-1/2、0.4秒差と善戦。どう考えても
マイラーよりもスプリント色が濃いでしょう。
相手には、同じ傾向のトゥラヴェスーラ、ホウオウアマゾンに千四の鬼ダイアトニック
サブライムアンセム
穴なら、ここにきてスプリント傾向にあるメイショウミモザ、このメンンバーなら
レイモンドバローズ、右回り問題なしのララクリスティーヌ。