スパイ防止法の制定を!

競馬

f:id:bakenshikabuya:20190612214414p:plain


中国・北京市の男性公務員が先週、皇居周辺で禁止されている
ドローンを飛ばし、迎賓館や東京駅などを撮影していたことが
わかりました。

 
捜査関係者によりますと、今月7日の午前8時ごろ、皇居周辺
を警戒していた機動隊員が、地上からおよそ30メートルの高
さにドローンが飛んでいるのを見つけました。警視庁が近くで
リモコンを操作していた男性からドローンの任意提出を受けて
調べたところ、東京駅を撮影した動画のほか、前日に撮影した
とみられる港区の迎賓館の動画が記録されていたということで
す。男性は、中国・北京市シンクタンクに勤める50代の公
務員で、東京の地下鉄を視察するために来日していました。

 
皇居周辺や都市部の人口密集地などでは原則、ドローンの飛
行が禁止されていますが、男性は「個人的な趣味で撮影した」
「ドローンを飛ばしてはいけないと知らなかった」と説明し、
すでに帰国したということです。


headlines.yahoo.co.jp


北京市シンクタンクに勤める50代の公務員
まぁ、スパイ(工作員)に違いありませんね。
日本にはスパイ防止法がありませんので、やりたい放題です。
任意出頭? 他国なら現行犯逮捕でしょう。
マスコミが何故、この件を報道するのか?
それは彼等だって、スパイ行為と思っているからですね。
日本も早期にスパイ防止法の制定が必要です。