やはり信用出来ない

競馬

2島の自動的引き渡し否定
日本けん制−ロシア大統領報道官


【モスクワ時事】ロシアのペスコフ大統領報道官は、日ロ首脳が日ソ共同宣言を
基礎に平和条約締結交渉を加速させると合意したことは、北方領土の歯舞、色丹
2島の自動的な引き渡しを意味しないと述べ、日本をけん制した。インタファクス
通信が18日、国営テレビの番組での発言内容を報じた。


1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡
しを明記している。しかし、報道官は宣言を基礎にした交渉に関し、「自動的に何
らかの領土を(日本に)引き渡すことを意味していると言えるのだろうか。絶対に
そんなことはない」と強調した。


宣言に関しては、プーチン大統領も15日、「(2島が)どのような根拠で引き渡され
どちらの主権下となるかは述べられていない」と語り、こうした点が今後の交渉対象に
なるとの考えを示している。報道官の発言によって、2島引き渡しは既定路線ではない
というロシア側の厳しい認識が改めて浮き彫りになったと言えそうだ。


http://www.msn.com/ja-jp/news/world/



広大な領土を持つロシアにしても、たった北方2島の返還
には、やはり難色を示しているようです。
ロシア国民にとって、例え2島の返還でも、国内世論が許さ
ないのです。弱腰の指導者と評されることほどロシアでは致命的
なのですね。日本は4島に返還を前提に、時間がかかっても
その主張を曲げてはなりません。
因みに、近年のロシアで最も評判の悪い指導者は、
東西融和を図りノーベル平和賞を受賞したゴルバ
チョフ元大統領なんですね。