アベノミクスは隠せ?

競馬


アベノミクスは選挙の争点とはなり得ない!



NHKのニュースを聞いていると、今度の参議院選アベノミクスの是非が選挙の争点になる
なんて言っていますが...どうも最近のNHKの報道ぶりはおかしい!
というのも、「アベノミクスを前進させるか、後退させるか」などとむきになっているのは
安倍総理だけだからです。
それに、そもそも、このブログを毎日ご覧頂いているような向学心の強い方は別として、一般
の人にとっては、アベノミクスを続けるべきかどうかなんて聞かれても、なんのこっちゃいな、と。

 

はっきり言って、一般の人には意味が分からないのです。
2%の物価目標って、なに?
マネタリベースって、なに?
予想インフレ率って、なに?
日銀はなんのために国債を購入しているの?
何故金利がマイナスなんてことになっている?
まるっきし分からない。

 


それらの問いに答えることができないのに、どうしてアベノミクスの是非を判断することが
できるでしょう!?
違いますか?

 


安倍総理は、有効求人倍率がバブル期並みの水準に近づき、しかも全ての都道府県で1を超えた
ことをアベノミクスの成果として吹聴していますが、しかし、アベノミクスの核心は、日本経済
をデフレから脱却させること、つまり物価が毎年2%程度以上上昇するような状態を作り上げる
ことにあったのです。

 


だからこそ、安倍総理は、日銀がじゃんじゃん国債を買い上げてマネーを放出すればいいと言って
いたのです。
しかし、その観点でアベノミクスの成果を判断するならば、物価上昇率は再び伸び率がゼロ前後で
推移しているのですから、元の木阿弥になってしまったと言っていいでしょう。
つまり、成果ゼロ!
但し、繰り返しになりますが、そうした判断を一般の選挙民に求めるのは無理なのです。

 


さらに言うと、アベノミクスの主要部分であるリフレ政策に関しては、野党のなかにも支持する人
が相当数いたのです。民主党のなかにもいましたし、みんなの党も声高にそうすべきだと叫んで
いました。

 


もう一つおまけに言うと、安倍政権を支持する人でも、だからといってリフレ政策は支持できない
という人や、逆に、野党の支持者であっても、リフレ政策は継続すべしという人だっているでしょう
から、どうしてアベノミクスが争点になり得るのか、と。
恐らく、安倍総理アベノミクスを争点とし、国民から日本経済の状況がよくなったと褒めてもらう
ことを期待しているのでしょうが、都合の悪いことはすっかりと忘れてしまうという特技を持って
いるとしか思えません。

 


私は、アベノミクスを争点と考えるのではなく、自分が約束したことをいとも容易く撤回するような
人がリーダーでいていいのかが、争点になると思うのです。



以上



http://klug-fx.jp/ogasawara/2016/06/21/026021.php



辛口の批判ですが、お仰せのことはごもっともですね。
アベノミクスの核心的成果とそのための手段であるはずの
キーワードである
・2%の物価目標
・マネタリベース
・予想インフレ率
・日銀が国債を購入
・マイナス金利
を正確に答えられる有権者は何%でしょうか。
朝の通勤電車で日経新聞を器用に折りたたみながら読んでいる
人は応えられるでしょうが、スマホでゲームしている人は
まず無理でしょう。 
多少の偏見は伴いますが、専業主婦に至っては...。
最近では日銀の政策決定会合の結果が出る度に、円高・株安に
なっていますね。アベノミクスの右腕を担う黒田総裁は結果論
では有能とは言えない総裁ですね。いや正確に言えば無能でしょう。
選挙に当たっての政策論争では、余りアベノミクスを前面に
出さない方がいいかもね。
だって知らない事を争点にしても・・・、ねぇ。