日曜競馬 回顧

競馬


[フラワーカップ(G3)]


良馬場に回復しても、パンパンの良馬場ではありません。
1000m通過が61.5、上がり35.6、こんなものじゃないのかな。
全て逃げ切ったエンジェルフェイスの時計なんですけどね。
しかし、他の15頭は何をしていたのでしょうか。
競る馬もなく、淡々とマイペースなら、そりゃ逃げ切りですわな。
上がりの 11.9 - 11.3 - 12.4、“11.3”で決着がつきました。
ただ、この内容ではメジャーエンブレムチューリップ賞組とは、
競(くら)べ馬にはなりませんね。



[夢見月ステークス(OP)]

「単騎マイペースの逃げが見込まれるノウレッジには注意。」
ホントに逃げ切ったよ、ははは。
でもノウレッジからは買えませんでした。
オールブラックス、不可解な敗戦、後退でしたね。



[中山12R]

もうスタートの下手さ加減では、JRA堂々の1位ではないでしょうか、
蛯名正義騎手は。 白井の競馬学校でゲート練習をしてこいよ。
まだ、藤田菜七子ちゃんの方が上手いぞ。
特に、中山ダート千二で有力馬・本命馬に蛯名が乗っていると、マジで
ゲートが開いた瞬間、ドキドキしちゃいますよ。
で、時々、お約束の如く、やらかしてくれます。
何でゲートが開くと腰を落とすのかね?



もう、藤田菜七子ちゃんが可哀想になってきました。
今日、何鞍乗ったのかな?
いい加減、駄馬に数多く乗せられて、見世物になってんじゃねぇーか。
多くの駄馬より、1頭の有力馬。
勝負の世界といえども、そこは商売。
預かっている根本調教師の孤軍奮闘だけではダメ。
JRAも裏から手を回して、何とか有力馬に乗せて、早く初勝利を
あげてやらないと、ファンも付いて行けなくなっちゃうよ。
そんなのノーザンファームに一言お願いすれば、いいハナシじゃん、いやホントに。