痴呆症の悲劇

競馬


大阪の民家に女性のミイラ化遺体 
母と長男同居も「娘は寝たきり」


21日午後2時ごろ、大阪府吹田市千里山東の民家で、ミイラ化した遺体が居間に敷かれた
布団に横たわっているのを、訪ねてきた同市職員と府警吹田署員が発見した。
遺体はこの家に住む女性とみられ、生きていれば45歳。目立った外傷はなく、死後数年以上
が経過しているとみられる。



同署によると、女性は無職の母親(78)と無職の弟(43)の3人で暮らしていたとみられる。
母親は市職員に「娘は調子が悪くてずっと寝たきりで、顔が黒くなってきた」と意味不明な説明
をしており、遺体にかけられた布団カバーやシーツには最近替えた形跡があった。
同署は遺体を解剖して詳しい死因を調べるとともに、死亡の経緯について母親と弟から事情を聴く。

 

民家は電気と水道がいずれも料金滞納で止められており、室内にはごみが散乱していた。
母親が近所の公園で水をくんでいるのを不審に思った住民が市に連絡。
市職員が訪問したところ、母親が立ち入りを拒んだため、同署に通報したという。
訪問時には弟も脱水状態で衰弱しており、病院に搬送された。


→ http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130822/crm13082200090000-n1.htm


この娘さんが死んだ時、死臭で近所の人は気付かなかったのかね?
弟さんもミイラ化への道を、かろうじて救出。
>遺体にかけられた布団カバーやシーツには最近替えた形跡
結局、この78歳の婆さんがボケというか重度の痴呆症なのでは
ないでしょうか。 罪というよりも可哀想な母親です。
痴呆の母親がミイラ化した娘の布団カバーやシーツを替えるなんて
想像するだけで涙もの。
話しは変わりますが、以前、都営団地で老夫婦が住んでいまして
夫の方が死亡した後も、妻(重度の痴呆症)は、毎度三食作って
夫の前に置いていた件を思い出しました。
何で発見が遅れたかというと、このお婆さんは訪ねてくる民生委員
には、普通に対応していたそうです。痴呆とは気付かれずに…。
痴呆症、ボケは困った病ですね。