シナに乗っ取られるでしょう

競馬


BRICS銀行」設立へ 5カ国首脳 中国への警戒感も



中国やロシア、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議は27日、
発展途上国のインフラ整備支援を目的とした「BRICS開発銀行」設立で基本合意に達した。
国際通貨基金IMF)や世界銀行を中心とする欧米主導の経済秩序に対抗し、発展途上国への
政治・経済的な影響力を拡大する狙いがある。


南アフリカの東部ダーバンで26日に開幕した首脳会議には、中国の習近平国家主席のほか、
ブラジルのルセフ大統領、ロシアのプーチン大統領、インドのシン首相、議長国・南アのズマ
大統領が出席。習氏にとっては主席就任後、初の国際会議への参加となった。

 

議長を務めたズマ大統領は27日、「BRICSが中心となった開発銀行設立へ向け、正式交渉
入りする」と発表した。

 

BRICSは先進国主導の通貨体制への不満では一致しているが、5カ国の中では圧倒的な経済力
を誇る中国への警戒感もそれぞれ持っている。

 

ロシアのシルアノフ財務相は、首脳会議前に開かれた財務相会合後、銀行創設への基本合意はある
ものの、500億ドルとされる出資金の割合や本部の設置場所で意見がまとまらなかったことを明
らかにしていた。

 

プーチン大統領も「BRICSは戦略的協調を実現する機構に変容しなければならない」とロシアの
メディアに語るなど中国の突出を“牽(けん)制(せい)”。

 

巨額の財政赤字を抱えるインド国内では「中国に利用されるだけではないのか」と懸念する声が出て
いるとされ、設立には曲折がありそうだ。 

 

南アでの初の開催となった今回の首脳会議では、金融危機など緊急の際に利用できる外貨準備の共同
積み立てなど、経済問題が主要議題となった。



→ http://sankei.jp.msn.com/world/news/130328/chn13032800300000-n1.htm


[,w400]


そうそう、この中では圧倒的な経済力を誇るシナに利用
される可能性が大きいですね。
それを止めるには、出資金は同額でなければなりませんが
500億ドルを1か国で割ると、約9500億円。
出せない金額ではありませんが、痛い出費となります。
また、本部をどこに置くかでひと悶着が起こりそうですね。
中立国スイスにでも置くのかしら。
そして何よりイザ投資をする際に、これまた利害がまとまらない
可能性が大きいですね。 投資地域や条件面などで折り合うのかなぁ。
シナは絶対に自国の政治的利用を狙ってるハズで、他国も
そのことについては先刻承知ですので、5か国の中での
丁々発止は見物でしょうかね。