日曜競馬 展望

競馬



[秋華賞(G1)]


過去10年、1番人気馬は(2・2・3・3)と勝率2割、連対率4割と
以外と1番人気馬は苦戦の傾向にあります。
オークスのような未知の距離ではなく、どの馬も千八〜二千以上を経験しています。
ですが、後に名牝と称される、ウオッカエアグルーヴ(骨折)、ブエナビスタ降着
ダンスインザムードなどが負けているレースです。
因みに2番人気馬の成績は(7・0・1・2)と、不思議と好成績を残しています。
さて、今年はどうでしょうか。



今となってはアレですが、凱旋門賞に出てれば、斤量差もあり、勝ったかもしれない
ジェンティルドンナが不動の本命でしょう。
オークスが2:23.6と、翌週のダービーより0.2早い時計です。
そして、オークス・レコードです。
千米通過が両レースとも59.1ですから、展開に恵まれたワケではありません。
そこを34.2の最速の上がりで、後続に5馬身つけて勝った時点で、三冠確実ですね。
ただ、負けた名牝は、多頭数の淀小回りで、馬群を捌けなかったことが主な敗因です。
しかし、それを見据えてか、ローズSでは2番手追走で上がり33.2で試走としては
合格点の内容でした。
今回もスタートが決まったら、恐らくキャトルフィーユあたりが引っ張る流れだと
相当なスローペースが予想されます。
外目の中団・先団を進み、3コーナー過ぎから順位を上げていき、4コーナー前から
大外のスパート。大外を回る不利よりも、内でゴチャつくよりマシです。
それくらいの横綱相撲は出来る馬ですね。
馬券は馬連では、順調に決まると200円台なる馬券になってしまうので、3連単

14−(1・4・15・17)−(1・2・4・10・15・17) 20点




参 考

http://www.youtube.com/watch?v=FQys26UL-LA:movie,w500