白馬の女神?

競馬


ユキチャン白毛馬初の重賞V!』


18日、川崎競馬場で行われた第44回関東オークス
(3歳牝、交流GII・ダート2100m、1着賞金3200万円)は、
武豊騎手騎乗の2番人気ユキチャン(牝3、美浦後藤由之厩舎)が、
好位追走から早めに先頭に立つと、直線では後続を突き放し、
1番人気プロヴィナージュに8馬身差をつけて圧勝した。


勝ちタイムは2分14秒7(良)。
さらに4馬身差の3着に5番人気ブライズメイトが入った。

勝ったユキチャンは、父クロフネ、母シラユキヒメ(その父サンデーサイレンス)
という血統の白毛馬。全兄にJRA現3勝のホワイトベッセル(牡4、栗東安田隆行厩舎)、
半兄にシロクン(父ブラックホーク)がおり、母と兄は全て白毛
昨年7月8日のデビュー戦(福島・芝1200m)は2番人気に推されるも14着と敗れたが、
5か月の休養明けで臨んだ未勝利戦(中山・ダート1200m)で初勝利。
約4か月ぶりとなった今年初戦のミモザ賞(500万下、中山・芝2000m)で2勝目を挙げ、
前走のフローラS(GII)は7着。
オークス(GI)を除外となり、ここに臨んでいた。通算成績5戦3勝(うち地方1戦1勝、重賞1勝)。
白毛馬の重賞制覇は中央・地方通じて史上初の快挙。クロフネ産駒は昨年の
ホワイトメロディーに続く2連覇となった。

武豊騎手のコメント】
「アイドルホースだったので今日は緊張しました。ただ可愛いだけじゃなく、
強い姿を見せられてホッとしています。パワフルで、お父さんのクロフネに走りが似ていますね。
これからも応援してください」

→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000007-kiba-horse


レース結果と詳細な動画を希望なら

→ http://www.nankankeiba.com/prg/prg20080618210303.html