季節ハズレの夏休み

競馬

母上が最初の入院をした6月6日以来、事実上、一日も休みらしい休みが
なかったせいか、少々疲れ気味。
昨夕、お見舞いに出向いた病室で体調イマイチ感(倦怠感・頭痛)があったけど、
今朝、起きるのが辛い状況になり、職場に電話をして休む ...。


結局、朝9:00頃までベットで休んで、休養&気分転換と併せて、一石二鳥を狙って床屋へ。
駅前の床屋さんで、ゆっくり一時間かけて散髪。
散髪後の冷たいミネラルウォーターが嬉しい。 散髪後って何故か喉が渇くのよね。


今日『病院で死なないという選択』を読み終える予定だったので、次を探しに書店へ。
『涙が出るほどいい話 第2集』(「小さな親切」運動本部 河出文庫)
『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』(北尾トロ著 文春文庫) の2冊を購入。
最近は、浜辺祐一氏の救命救急センターものやら、
鎌田實氏の『あきらめない』『病院なんて嫌いだ』『がんばらない』やら、
『医療事故がとまらない』『手術室の中へ』 などなど、
医療関係の本ばかりだったので、ここで趣向を変えて一休みムードです。


本棚の端にある『第四間氷期』(安部公房著 新潮文庫)から
「おいおい、いつ俺を読むんだ?」って声が聞こえてきそう。
なかなかこの本を読む決心がつかない。 
この文庫を読んだら、安部公房で読んでない主な小説がなくなるからねぇ ...。


昼食は久しぶりに駅付近の某ラーメン屋へ。『○×』という名のお店。
少なくても私が中学生だった頃は、1階・2階とも連日満員だったのに、最近は ...。
厨房も板前さんが何人もいて賑わっていたのが、今日はオヤジさん1人 ...。
注文した『肉そば(大盛り)』もマズい ...。 麺は兎も角、スープと具がマズイ。
そもそも、普通盛で出てくるところが、娘さんらしい店員に
『あ、この肉そばは大盛りだよ!』との指摘で作り直した代物。
何か注文も覚えられない様相。 大丈夫か ...。
オチは、その娘さんらしき女性に『タマゴがないから2パック買ってきてくれ。』
おいおいおい、チャーハンの注文があったら、どうしてたんだ???
この店も、あと少しかな ...。 栄枯盛衰を感じる昼食でした。


午後、夕方からは母上のお見舞い。 
明日、11:00頃退院で介護老人保健施設へ戻る。
熱・血中酸素・血圧などは問題ないものの、あの扁桃腺を腫らしたような
ヘンな咳込みは心配。 
医師は咳き込む姿を知らないので、それを伝えても余り反応せず。


しかし、昨日の東京株式市況の騰げは意味不明って感じ。
来週も週末のメジャーSQを廻っての先物主導の荒っぽい展開か?


明日の新潟メイン『BSN賞』にて、ジョイフルハートにとっては試金石か?
彼にとっては、初めて骨っぽい相手との競争だもんね。
でも、今迄の走りを観れば、単なる通過点かな。
22:30